■i-TREKとは

 基本・既存技術の応用

 i-TREKの構成

 CIの導入

■Tool-Kitとは

 シーンから

 移動手段から

 Tool-Kitの詳細

■i-TREKの背景

 いま、なぜITSなのか

 地域ITSの取り組み

 現状の課題

 今後の展開

■i-TREKの使用について

 スキーム

 サポート体制

 約束事

 用語解説

■地域のITSの取り組み
 中国地方整備局管内の地域ITSの取組みは、VERTIS(現:ITS Japan)のモデル地区実験で岡山地域が選定されたことから、平成8年から「岡山県ITSモデル地区実験」がスタートし、以下の地域ITSメニューを実施しています。
 ●世界初のバス到着時刻予測システムの実用化(岡山市
 ●駐車場情報のホームページでの情報提供(岡山市
 ●簡易駐車場システムの開発(津山市
 ●CATVを活用したTraffic Channelによる情報提供(岡山市
 ●峠における雪情報等の道路情報の提供(岡山県
また広島地域においては、平成10年から以下の地域ITSメニューを実施しています。
 ●駐車場情報のホームページでの情報提供(広島市
 ●路面電車の到着予測システムによる情報提供(広島市
 ●高速バス運行情報の提供(松江⇔広島
 ●トライアングル情報提供(広島市、呉市、東広島市

これから、中国地方の地域ITSを推進していくために、中国地方整備局に「ITS推進会議」を設立(H12.3.28)、民間企業を主体とした「中国ITS研究会」が設立(事務局;中国経済連合会) (H12.11.10)、また、各県毎には、「地域ITS推進協議会」が設立されています。これらの推進体制を背景に、中国地方整備局は、「access2010」によるビジョンを提示(H13.4.25)し、「快適・便利〜身近な生活シーンへの応援」、「交流・連携〜交流連携による個性ある地域づくりの支援」、「安心・安全〜安全でゆとりのある道路空間の創出」、「やさしさ・環境〜交通環境のバリアフリー化支援」の4つのビジョンを策定し、今後の地域ITSを推進して行く予定です。

◆中国地方整備局の4つのビジョン
【vision1】身近な生活シーンへの応援
快適なライフスタイルや、生活の中で発生する問題の解消や、更なる便利をITSで応援します。
例)
>>> 「i−location」
[バスロケーションシステム]
 ・岡山市〜玉野市 国道30号線路線バス
 ・呉市営バス
 ・広島−松江間高速バス
 ・萩市循環バス「まぁ〜るバス」
[路面電車ロケーションシステム]
 ・ひろでん「グリーンムーバー」

>>>「i−park」
[簡易型駐車場案内システム]
 ・岡山後楽園
 ・津山市
[路側板連動型駐車場案内システム]
 ・広島市
 ・呉市
 ・岡山市

>>>「i−visit」
[地域観光情報提供システム]
 ・「道の駅」の情報キオスク端末での情報提供
 ・浜田冬期道路情報提供システム

>>>「i−drive」
[道路情報提供システム]
 ・道路情報提供システム(中国地方整備局管内)
 ・道路管理情報共有提供システム(広島、呉、東広島)


【vision2】交流連携による個性ある地域づくり支援
ITSにより地域格差がなく、必要な情報を入手できるような仕組みをつくり、地域づくりを支援します。
例)
>>> 「i−visit」
[地域観光情報提供システム]
 ・「道の駅」の情報キオスク端末での情報提供
 ・浜田冬期道路情報提供システム

【vision3】安全でゆとりのある道路空間の創出
災害時における正確でリアルタイムな状況の把握や、ドライバーの安全運転の支援をITSで行います。
例)
>>> 「i−drive」・・・・・・・・ 安全で快適なドライブ
[道路情報提供システム]
 ・道路情報提供システム(中国地方整備局管内)
 ・道路管理情報共有提供システム(広島、呉、東広島)


【vision4】交通環境のバリアフリー化支援

歩行者・身障者の支援をおこなう歩行者ITS、環境負荷を軽減するため公共交通の支援を行います。
例)
>>> 「i−transit」
[公共交通経路案内システム]
 ・紙屋町シャレオiセンター公共交通経路案内システム

>>>「i−walk」
[経路案内システム]
 ・紙屋町シャレオ地下街の経路案内システム
[歩行者ITS]
 ・福山入船地下道歩行者ITS