■i-TREKとは

 基本・既存技術の応用

 i-TREKの構成

 CIの導入

■Tool-Kitとは

 シーンから

 移動手段から

 Tool-Kitの詳細

■i-TREKの背景

 いま、なぜITSなのか

 地域ITSの取り組み

 現状の課題

 今後の展開

■i-TREKの使用について

 スキーム

 サポート体制

 約束事

 用語解説

■現状の課題
 中国地方は、豊かで多様な自然、歴史、文化などに恵まれ、多くのポテンシャル(潜在力・可能性)を有している地域です。しかし、高齢化・過疎化による公共交通機関の地域格差、またそれに伴い高い自動車交通への依存、交通事故の多発、渋滞の慢性化、そして沿道環境への影響など、解消すべき負の遺産を依然抱えており、街の成長、地域の活性化を阻害しているのが現状です。
 i-TREKを中国地方に全面展開していく方針ですが、市町村レベルにまでに浸透させていくためには、受益者である市民と、フィールドを提供する自治体の皆さんにITSをより理解していただく必要があります。地域の課題に対して、どんなTool-kitが有効で地域の特性に合っているのかなど、i-TREKの認知度を向上させることがこれからの課題です。