■i-TREKとは

 基本・既存技術の応用

 i-TREKの構成

 CIの導入

■Tool-Kitとは

 シーンから

 移動手段から

 Tool-Kitの詳細

■i-TREKの背景

 いま、なぜITSなのか

 地域ITSの取り組み

 現状の課題

 今後の展開

■i-TREKの使用について

 スキーム

 サポート体制

 約束事

 用語解説

■i-TREK(アイトレック)の使用について
 自治体がi-TREKを使用するには、「中国ITS研究会」への登録申請が必要です。具体的な申請方法を以下に述べます。
 自治体は、地域のニーズや特性に合ったi-TREKのメニューを選定し、将来計画、運用体制などを立案後、「中国ITS研究会」に申請します。申請後「中国ITS研究会」から、申請を許可する連絡を自治体に連絡致します。その後、i-TREKのメニューが運用可能となりますので、別表の協力体制(サポート体制のページを参照下さい)のもと実施していきます。使用するメリットは、主に以下5点です。


  • 認定された地方自治体はi-TREK商標(トレードマーク)を使用できます。
  • 中国ITS研究会(加盟民間団体36社)と中国地方整備局がコンテンツの拡充にあたってアドバイス、サポートするとともに、プロモーション戦略を立案しブランド・エクイティ(資産価値)の向上に努めます。
  • 地域の課題や規模に応じ、Tool-kitのパッケージ化されたシステムを安価に手軽に導入できます。導入にあたっては中国地方整備局がITS補助事業の活用についてアドバイスします。
  • i-TREKブランドのホームページ等を開設することができます。共通の操作性をとっているので、その都市の観光、交通情報が入手しやすくなり、広く観光・地域振興に資するPRができます。
  • 移動に関するリアルタイム情報を統合的に扱っていくので、利用者は時間の余裕が生まれるなど、地域住民に新しいライフスタイルの提案ができます。


 i-TREKはブランドとしての認知度が高く、i-TREKを導入している地域は、他地域よりも情報入手が活発であり、観光客の利用率が向上し地域の活性化に繋がります。

 自治体のITSの推進を行うためには、中国地域における各自治体がそれぞれに抱える問題を共有し、協力しあうことが必要不可欠です。
 中国地方整備局では「中国ITS研究会」と連携し、i-TREKプロジェクトに参加していただける自治体の参加を募集しています。
 i-TREKに参加を希望される自治体は、『登録申請書』をご請求いただき、ご記入の上、下記担当者まで提出をお願いします。

●応募対象機関●
地方自治体

●提出先及び問合せ先●
広島市中区小町4-33(中電ビル3号館3F)
中国ITS研究会事務局(中国経済連合会内)

担当:調査部長 荒古
Tel:082-242-4511
Fax:082-245-8305
E-Mail: zh000023@pnet.gr.energia.co.jp