■i-TREKとは

 基本・既存技術の応用

 i-TREKの構成

 CIの導入

■Tool-Kitとは

 シーンから

 移動手段から

 Tool-Kitの詳細

■i-TREKの背景

 いま、なぜITSなのか

 地域ITSの取り組み

 現状の課題

 今後の展開

■i-TREKの使用について

 スキーム

 サポート体制

 約束事

 用語解説

■約束事
>>>効果計測の実施
 今後のTool-Kit(ツール・キット)の拡大や、問題点の明確化に役立てるため、実施するTool-Kitの定量的・定性的な効果計測が必要です。
メニューを実施するにあたり、あらかじめ、効果計測の手法、内容について計画・立案しておくことが必要です。

>>>成果報告
 i-TREK(アイトレック)導入の内容・効果について取りまとめた結果を、成果報告として提出することが必要です。
 それぞれの自治体がTool-Kit(ツール・キット)を利用した際の効果計測結果により、既存のTool-Kitの改良、及び新規Tool-Kitの構築を行うことが可能となります。
 また、導入効果を共有することにより、同じような環境、規模、課題を持っている自治体がTool-Kitを導入する際の参考となります。