■i-TREKとは

 基本・既存技術の応用

 i-TREKの構成

 CIの導入

■Tool-Kitとは

 シーンから

 移動手段から

 Tool-Kitの詳細

■i-TREKの背景

 いま、なぜITSなのか

 地域ITSの取り組み

 現状の課題

 今後の展開

■i-TREKの使用について

 スキーム

 サポート体制

 約束事

 用語解説

■さまざまなシーンでのサポート
 毎日の通勤・通学や、買い物、レジャーなどの生活における様々なシーンでは、場所から場所への移動が付きものです。これらの移動をサポートする情報提供は、各シーンにより提供手法が異なり、多様な提供ツールが必要です。近年、ITの進化によってインターネット、インターネット対応携帯電話、CTI(Computer Telephony Integration:電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術)、CATV(Traffic channel)、PDA等の情報機器が普及し、人の「移動」をサポートする多様な情報提供機器が拡充してきました。各シーンでの人の「移動」をTool−Kitの多様な情報提供機器でサポートします。

>>>「車椅子の人や目の不自由な人が街に出かけるシーンでは、」
○ 車椅子の人や目の不自由な人もしっかりした案内があれば、安心して外出できるのに。また、知らない街に行くとトイレがどこにあるのかも分からない。
Tool−kit(i-walk)の音声経路案内システム、バリアフリー情報提供システムを導入後
「PDA」や「専用白杖」などを利用して車椅子用トイレの設置場所や横断歩道の位置、段差等を音声などでお知らせし、安全に誘導します。

>>>「自動車で買い物に出かけるシーンでは、」
○ 自動車で買い物に出かけるときに、いつも駐車場を探して買い物をする時間が短くなる事や、遠くの駐車場に止めることになった。
Tool−kit(i-park)の駐車場案内システムを導入後
「インターネット」、「インターネット対応携帯電話」で目的地に一番近い駐車場を迷わずに見つけられる。また、その駐車場の満空情報がリアルタイムで分かることから、迷走しなくて済みます。

>>>「公共交通を利用して旅行に行くシーンでは、」
○ 知らない街に行くと、駅やバスターミナルで、どの交通機関を利用すれば、目的地へ行けるのか、他にどんなルートがあるのか分からない。また、経路は分かるが、どの交通機関に乗り継げばいいのか分からない。
Tool−kit(i-transit)の公共交通案内(経路、乗り換え)システムを導入後
交通結節点(駅、バスターミナル)において、情報端末で目的地までの複数の経路案内をし、利用者が最も便利と思われるルートを選択できます。また、乗り継ぐ公共交通機関及び乗り継ぎ時間を提供することにより、目的地までの「シームレス」な乗り継ぎが実現できます。

>>>「自動車でドライブに出かけるシーンでは、」
○ 目的地までの道路状況が分からず運転していると工事規制のため迂回(うかい)させられたり、急な積雪に遭遇することで目的地まで時間通りに到着しない。
Tool−kit(i-drive、i-visit)の道路情報提供システム、道路管理情報共有・提供システム、地域情報提供システム、観光情報提供システムを導入後
道の駅の「情報kiosk端末」や「インターネット」、「インターネット対応携帯電話」で目的地までの道路情報(規制、気象情報など)や観光地の情報等を収集することにより、目的地への最適なルートの選択や観光などの地域情報により快適なドライブ環境が得られます。

>>>「公共交通を利用した通勤・通学のシーンでは、」
○ 通勤・通学の移動手段にバスと電車を利用しているが、渋滞などで最寄りのバス停に時間通りにバスが来ないことがしばしばあり、目的の電車の乗り継ぎが出来ない事が多い。
Tool−kit(i-location)のバスロケーションシステムを導入後
『朝、最寄りのバス停に行く前に“インターネット”で乗るバスの到着予測時刻をチェック、遅れてないことを確認し自宅を出る。バス停でもう一度“インターネット対応携帯電話”でチェックし、遅れていないことを確認、その後到着予測時刻通りにバスが到着し目的の電車に乗れた。』このように常にバスロケーションシステムで“リアルタイム”情報を収集することが可能となります。